目を閉じるということ

遠い未来、人間の目は今よりも断然大きくなるかもしれないそうです

テレビが普及していく時代に育ち、今はコンピューター
確かにね、と思います

目を閉じること、には特別なフィーリングがある時代になったのですね

SPANOVAのデザインを手がけているkamikeneという人がいます
彼はデザイナーとして目に見える形でヴィジョンを伝えるアーティストですが
音楽を聴いている時はほぼ目を閉じています
目を閉じて空を仰ぐように揺れています
おもしろいなあ、と思うわけです

音楽のヴァイブスを起点にして
全く別の宇宙につながっているようにも見えるし
音そのものとひとつになっているようにも見えます

なんにせよ
そのとき彼の脳内に浮かんでくるヴィジョンと
彼の作品には深い関係がありそうです

そのkamikeneはベーシストでもあります
Build Dub Greenというバンドで演奏しています
SPANOVAも参加したForteや
奈良県大滝村で行われたHolidaysなどでも
同じステージで時間を繋ぎました

ゆったり揺らぐ感覚
無駄を省くセンス
浮上する静けさ
彼のデザインとも共通するカラーを持っている音楽です

そのBuilt Dub Greenのアルバム『Perfect Sunday』がリリースされました

バンドの歴史は長く、週末セッションがスタートしたのは2005年あたりと聞きます
自分たちでマイクを立て常にセッションを記録し
その数、2000を越えます
数こそ膨大ですが
ひとつの道をひとつの空気を
ゆったり育ててきたのだと思います
そういう姿に触発もされるわけです

ミックスにて1曲参加致しました

皆さんに是非聴いて頂きたいと思っています
望月玲児郎によるアートワークも秀逸です

Build Dub Green / Perfect Sunday

目を閉じても開けてもあまりある
最高な週末へ、、

 

Download (bandcamp)
http://p.tl/x3B0

CD(amazon)
http://p.tl/bIWW

hatos records
http://www.hatosrec.org/

———————————————————————————————

Perfect Sunday
Build Dub Green

[Track List] 1. Glow Lamp (1:36)
2. Green (6:03)
3. Sunday Stone (2:06)
4. Prove the Fluctuation (4.45)
5. by the way (1:32)
6. ゲレロゴエ (4:58)
7. All set for Berlin (2:28)
8. Climb (3:18)
9. Nimble (3:26)
10. Down to West (4:14)
11. Evil Sweep (2:22)
12. Light through the thick cloud. (4:13)

Total 40:53

[Personnel] Kamikene (Bass, Synth)
Komaken (Drums)
Dubrai (Guiter, Vocal)

―All tracks produced by Build Dub Green.

メンバー三人が、99年以降、週末をフロアで踊り明かす日々を通過し、原点であるバンドサウンドでの独自のサイケデリックを目指し、日曜早朝からの時間をフリーなセッションに費やし始めたのが、2005年。計算なくシンクロするグルーヴを捉えるために自らマイクを立て録音技術を進化させながら毎回収録されるそのセッションは、音そのものよりもその隙間でこそ溶け合い、スキルよりも感覚を捉える、独自の音響を生み出した。ミキシングは Hal Studio の山崎寛晃。SPANOVA の田崎晋によるミキシングも 1 曲収録。マスタリングは札幌の至宝 Kuniyuki Takahashi。 Hatos の望月玲児郎による44ページに渡るアートワーク。ベーシックな 3 ピースが鳴らす、ニュータイプのトリップ・ミュージック。煙の先に見え隠れする景色。

 

SPANOVAさんの写真
Posted in Fun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。